top
 
 
  

ビル、マンションの植栽から個人宅の庭園まで、植木の剪定、伐採、薬剤散布、
施肥など、植栽の維持管理には欠かせないお手入れにお伺いしています。
年間管理契約の物件では、作業後に樹木の生育や病虫害の有無、
植栽の問題点などを書面にて報告し、誠実な仕事とより良い緑地の維持に努め、
ご好評いただいています。

 
   

 
庭園維持管理

植木の維持管理作業には剪定のほか、病虫害防除の薬剤散布(消毒)や施肥、除草、芝刈、補植などがあります。
植栽は生育に合わせた手入れが欠かせないもの。
個人の庭園をはじめ、ビル、マンションの緑地管理でご好評いただいています。
植木1本、単発の仕事から年間管理まで御見積はもちろん無料。
補植作業では、ご要望や場所に合った樹種をご提案いたします。

 
植木の伐採や移動

家の建て替えや庭の一部をガレージにするなど、年数を経た植木を伐採したり、移動(移植)するケースも近年増えています。
残したい植木があるが移植が可能かどうか、大きくなりすぎたので伐採して好みの樹木に植え替えたい、庭の中で植木の場所を移動したいなどなど、植木の性質や場所などに合ったご相談をお受けしています。

 
竹垣、塀などのやりかえ

庭には植木だけでなく、竹垣や袖垣、枝折戸などがありますが、そのメンテナンスにもお伺いしています。
和の庭に欠かせない竹材も年数を経るとやりかえが必要になり、天然竹、合成竹を問わず施工しています。
また、そんな和風から洋風へのリフォームをご希望のお客様には、フェンスやラティスなどもご提案しています。

 

公共工事の実績

 
●台風の後には・・・
近年の台風は勢力も強く、日本に上陸し長く停滞するなど、被害も甚大ですね。
樹木にも多大な影響を与えていることをご存知でしょうか?
風の強さから枝が折れること?
それはもちろん気をつけておかなければいけないことですが、台風の過ぎ去った後にも注意が必要です。
というのは、雨の少ない台風が多いため、海水を含んだ風が洗い流されずに樹木に塩害が残るのです。
新聞にも六甲山の枯木が写真で載り、記憶に新しいところですね。
放っておくと葉が徐々に茶色に枯れこんできます。
ですから 台風の後には、植木の葉に水をたっぷり かけて塩を洗い流すことが必要です。

造園工事業大阪府知事許可業者として、公共工事を手掛けています。
近年では「田端公園改修工事」「大阪府営瓜破東第1期住宅(建て替え)造園工事」などを施工しました。
公共工事を請負うことは、最新の工法や資材、樹種などを学ぶことでもあり、職人の技術 向上に役立っています。

 


▲ぺージTOPへ

 
 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright c 2005 Kohamazouendoboku.co All Right Reserved.