top
 
 

憧れの庭を造りたい、今の庭をリフォームしたい、
自分でやってみたけど上手くいかない、
ウッドデッキが欲しい、スペースが小さいけれどプロに頼めるだろうかetc.・・・
そんな希望や悩みを具体的に相談しながら、お客様と一緒に庭を造りたいと考えています。
施工後のお客様の暮らしを考えたプロの提案を一度聞いてみてください。
またビジネスシーンでも重要なビル緑地では、管理しやすい樹種をご提案しています。

Before
 
Before
 
Before
 
     
After
 
After
 
After
 

大阪府羽曳野市K邸

グリーンの屋根が印象的なマイホームを新築されて1年。忙しくて手付かずだった裏のスペースに作庭しました。
熟年ご夫婦の希望は、「ずっと思い出に残るような庭」。
いろいろな雑誌やカタログからイメージに近いものを選んでいただきました。
広いウッドデッキ、レンガと枕木のベンチは、今後お孫さんなどご家族が増えても利用でき、
たくさんの思い出が生まれそうです。
もともとあった石を利用して、奥様希望のミニロックガーデンを一部につくりました。
また散水栓を洒落たものに替え、位置も移設。新しくピンコロ石で水受けをつくりました。
カーポートから庭へ続くアプローチは、歩きやすい大き目の平板を据えました。
気をつけたのは、凝りすぎてせっかくの“広々感”を損なわないこと。
長い目で見た最小限の植栽ですが、「源平枝垂れ桃(桃花と白花の2色咲き)」や
「珊瑚閣モミジ(枝が赤くオレンジ色の紅葉)」など楽しんでいただけるものを揃えました。
しっかり土作りをしましたので、下草は現在奥様がお好きな草花をご自身で植えて楽しまれています。
 
     

大阪市H邸

「相談できる植木屋さんを探している」というお電話が始まりでした。
お伺いすると京都の町屋を感じさせるお住まいで、風流なご趣味に合わせ坪庭を作庭することになりました。
古い壁は建仁寺垣でお化粧。全て本物の竹材で、くぐり戸や窓のサイズに合わせて施工しています。
植栽は黒竹と紅葉、シダ、トクサなどでシンプルに。
玄関前は使いやすさも考え大き目の敷石を使用しました。
何より喜んでいただけたのは、小さな飾りの置石や階段に青竹の手すりを取り付けたり、
2階の窓に簾を取り付けたりといった職人の細かい対応で、職人たちにとってもやりがいのある仕事になりました。

 
 
     

大阪府豊中市K邸

打合せにはカタログをお持ちしましたが、施主である奥様も雑誌を用意しておられ、
よりイメージが伝わりました。
まず「自然風進行形の庭」という点。
ご自身でいろいろ植えたいという希望を叶えるため、古い土をすき取り、土作りをしました。
枕木風の敷石の間など、どこに植えても大丈夫です。
そして「耐久性の高さ」も材料選びのポイントでした。
ブロック塀を隠しながら草花を飾れるラティスフェンスは、アルミ柱に樹脂製の耐久性の高いものをチョイス。
また水栓柱と水受けを枕木とレンガ風のものに替えるなどイメージを実現しながら、永く使用できる材料のご提案をしました。一番力を注いだのは、テーブルセットを置く石貼りのテラスです。使用した石は見本石から選んでいただきました。アーチを抜けた和室前のスペースは、もともと庭の奥にあった景石(青石)で和風に仕上ています。

 
Before
After
 
After
 

大阪市Y邸

iタウンページをご覧になってお電話を頂きました。
お若いご夫婦は「スモールガーデン」を希望されていましたので、あえてブロックなどで塀や花壇を造らず、
枕木を階段状に使いました。
リビングの吐き出し窓から降りられる高さにし、窓から圧迫感のない位置に目隠しの植木を植栽。
植木はシマトネリコと紅花トキワマンサクという常緑樹を選びました。実はポイントは下草類にあります。
場所の日照を考えると華やかな草花より、葉の色や形がさまざまなグランドカバープランツを多種植栽する方が永く楽しめると考えました。
打合せのおり、下草類の見本株を数点お持ちしたのでイメージが伝わり、仕上がりもとても喜んでいただけました。
写真の3枚目は植栽後1年後のもの。下草がふんわり繁り、自然風の雰囲気が出てきました。
植栽した時が完成ではなく、年数を経てご満足できる庭造りを目指しています。

Before
After
 
After
 

大阪市T邸

ご紹介でお伺いしますと子育て世代のご夫婦で、新築の家周りに彩りを希望されていました。
「共働きなので世話のかからない植木で」という点以外は、ほぼおまかせでプランニング。
特に気に入っていただけたのは、2台の室外機の前に平板で造った、お子さんの自転車置き場です。
植栽では、玄関前にソヨゴ(常緑樹)とフィリフェラ・オーレア(コニファーの低木)、
サイドは飾り窓にあわせてレッドロビン(新芽が赤い葉の常緑樹)を、
ウッドデッキ前にはシマトネリコ(常緑樹の株立ち)をメインに常緑低木と下草類を合わせました。
日当たりも良いので、球根や花の咲く多年草も取り混ぜ彩りよい楽しい雰囲気の仕上がりを目指しました。
現在はご主人も興味をもたれ、草花の鉢を増やされたりガーデニングを楽しんでおられます。

 

 

 
大阪市S邸

前栽をリフォームしました。
ご予算が決まっている形でしたので、おまかせでの施工となりました。
小さな空間でも「和み」を感じていただければと考え、“つくばい”に“かけひ”や石を配し、サザンカ、モミジ、トクサ、ギボウシといった和の材料で仕上げています。
壁に建任寺垣を造りましたので印象がグッと明るくなり喜んでいただきました。

 
奈良県生駒市N邸

新しい住宅地のご夫婦が希望されたのは、赤ちゃんがいるため世話がかからず、家にマッチした植栽。
まず玄関前のシンボルツリーは3、4種の候補からシマトネリコに決まりました。
それに続く植栽はレイランディと低木にオタフクナンテン。
この低木は立地が良いので本当に真っ赤に紅葉して見ごたえがあり、花物の代わりになります。
裏庭は芝生を敷き詰め広い遊び場になっています。

 
堺市Y邸

新築工事で植栽を全て任せていただきました。
土壌が粘土タイプのため透水管を通し、新しい土を搬入。
吹き抜けのリビングから庭を望む大きな窓が、一枚の絵のように見えないかと考えました。
そこで庭を囲む塀沿いに築山を配し、ハナミズキ3本をメインにモミジ、モッコク、キンモクセイ、サザンカ、ユキヤナギ、キャラ、サツキなどを植栽。真中を広く芝生にしました。

 

 

▲ぺージTOPへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright c 2005 Kohamazouendoboku.co All Right Reserved.